おすすめの水栓柱メーカーとその特徴をご紹介

ホーム > メーカーで選ぶ

メーカーで選ぶ

外構資材の製造メーカーの水栓柱

家のエクステア資材を扱うメーカーで、外構資材の塀や壁を構成するブロック、家玄関回りの石材タイルなどを主に販売するメーカーです。

水栓柱の種類では、素材がコンクリート製の丈夫な商品群が一番多く、中にタイルなどで装飾した商品も多いです。

水栓柱本体ではアルミ製や樹脂製の商品で個性的な商品やお洒落な商品も多数ございます。

一昔前なら、外構資材メーカー(ブロックメーカー)が 水栓柱を数多く扱うことは考えなれなかったのですが、昨今の住宅の狭小化により住宅の敷地に使う石材(ブロック等)が極端に少なくなっています。

その為、ブロックメーカーはブロックなどの外構資材の販売の頭打ちにより、より付加価値の高いガーデニング用品に販売商品をシフトしていることにより、より多くのガーデニング資材が販売されることになっています。

立水栓とパンが一体となったデザインが多いため、デザイン的にも使い勝手がよく、例えば同じデザインを現場で職人さんがつくるよりも、仕上がりが均一でお安いのが利点です。

ただし重量が重たい商品が多いので、運ぶのには注意が必要ですし、しっかりとした設置工事を行う必要がございます。

ニッコーエクステリア(日本興業)

都市環境や土木とエクステリアが3本の事業体の香川のさぬき市の会社です。

商品はコンクリート素材のレンガ調水栓柱(塗装仕上げ)が時に人気で水栓柱本体・蛇口・排水パンがセットのユニット型でなおかつ「不凍水栓仕様」の不凍水栓ユニット・ザナンドが一番人気です。

コンクリート製の為、非常に重たく、作業する際には素人ではなかなかむずかしい商品です。

不凍水栓とは配管内の水を簡単に抜くことができる為、寒冷地特有の凍結に対し配管を保護できるような構造のことです。

もちろん凍結の無い地域には全く必要のない構造ですので、お住まいの地域によって購入をお考えください。

排水パンの機能を重視した立水栓ユニット・コーンタイプもこのメーカーの特徴的な商品です。直径50cmと意外とコンパクトな大きさで場所を選びません。

蛇口と補助蛇口は別売りですが、写真のスワンネックは360度回転し使いやすさは全開です。水受けもかなり深くなっており使い勝手全開ですね。

本体はレンガ仕様(塗装仕上げ)と刷毛引き仕上げの2種類あります。

TOYO トーヨー(東洋工業株式会社)

こちらも香川県の資材メーカーです。高松市の優良会社です。

こちらのメーカーの資材メーカーなので、コンクリート製の丈夫な商品群が揃っています。

こちらは新しいデザインにとても敏感に果敢にチャレンジするメーカーで、Dexシリーズは業界でも久々の大ヒットシリーズとなりました。

とても個性的なデザインの商品でDexシリーズは自転車置場、ミスト噴水器、パーキングブロックとそのシリーズを拡大していきました。

こちらのフォーセットは地中埋設型ボックスのタップに接続することができ、水栓柱として変更することができます。

地中埋設型はかがまないと使いづらいのですがこちらのモデルに変更すれば、非常に使いやすくなります。

トーシンコーポレーション (TOSHIN)

GRCプランターを得意とする大阪のメーカーです。

手作業で塗装仕上げを行うため、高品質の塗り調水栓柱や、スタイリッシュな立水栓が出来上がります。

アンシリーズなど女性のプランナーが設計するかわいい水栓柱や、男性向けのアンフェアシリーズなど、デザインの可能性を追求した立水栓を毎年増やしています。

店長イチオシのメーカーです。

水道設備資材の製造メーカーの水栓柱

水栓柱の商品は野外で使用する水回りです。したがって様々な素材やデザインの商品がございますが、基本は水道設備の一環と言えます。

そのため無機質なデザインが多く、モダン住宅に使われる事も多いです。

水道設備メーカーならではの商品群がございます。蛇口や排水パンも水栓柱本体としっかり接続でき安心の商品です。

カクダイ

カクダイは非常にインパクトのある会社です。室内の水栓蛇口には、消火器ややかんを模したデザインなど、とにかくアルミメーカーにはない、モノづくり日本を意識した高品質商品が揃っています。

もっとたくさんのメーカー水栓柱を確認したい!

もっと他に水栓柱のメーカーはないの?

そんなあなたには、立水栓専門店のキロがおすすめ。

10以上のメーカーと1,000を超える商品数を取り扱っている水栓柱の専門店です。

立水栓専門店のキロに移動する >>


PAGE TOP